カテゴリー
未分類

エチオピアで発生していた飛蝗(アフリカ出張報告 #おまけ)

アフリカ出張報告をブログに書いている。
ラストは、エチオピア発生していた飛蝗のニュースから感じた話。

———-
・飛蝗(ひこう)

飛蝗(ひこう)

トノサマバッタやその他のバッタがときに大群をなして群飛すること。トノサマバッタは温度,湿度,日光,食物などの適当な環境条件の組合せにより,単独相,群生相の異なる2相を生じることが知られている。群生相の個体は単独相に比べて前胸背が短く,正中線上の隆起線を欠き,翅が長いなどの特徴があり,大群をなして活発に飛ぶ。
※ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

僕がアフリカにいった2月頭のタイミングでは、新型コロナウィルスのニュースよりも、バッタの大量発生による被害、蝗害のニュースの方が盛んに流れていた。毎日毎日、バッタの映像が流れていた。
なんと、エチオピア・ケニアなどのアフリカ東部に、10000〜2000億匹のバッタが、大量発生し、押し寄せてきて、農作物を食い荒らしていたのだ。ただでさえ、貧困で、食料危機を抱えているのに、さらにこのバッタがトドメを刺すべく、食い荒らしにくるのだ。
なんと恐ろしい。

 

僕は、アフリカのホテルで、毎日毎日、テレビに映し出されていた、空を覆い尽くすほどのバッタの映像を見ることができて、不謹慎ではあるが、すごく生命の神秘を感じるし、種のすごさを認識させるし、そして何より、幸せであった。

実は、僕は、ガイアックスを創業以来、この飛蝗のアルゴリズムを信じて経営してきたからだ。
ベンチャー経営者の皆さんも、ぜひこの飛蝗の話をしっかり頭に入れてもらいたい。

普通はおとなしいバッタであっても、同じ種だと言うのに、ある狭い空間に多くの個体数が高密度に存在してしまうと、急に一日あたり100kmも飛ぶような飛蝗に体も能力も変化するのだ。性格も攻撃的になり、ありとあらゆるものを食べ尽くしてしまう強力な存在に変わってしまう。
なんと恐ろしい。

僕たちも、創業直後の2000年の頃、創業メンバーの遠藤さんの3LDKのご自宅に、十数名が泊まり込み、仕事をし続けた。寝るにもスペースがなさすぎて、1つの布団に2〜3人が寝転んでいる。絶対に寝れない。その高密度な環境によって、メンバーの体が飛蝗に変化し、結果的に、ガイアックスが、2005年、創業から5年で上場するまで規模拡大をすることができたのだ。
まさに「高密度」のおかげであることは間違いない。
僕たちの体が飛蝗に変化するために、できる限り狭い空間に、可能な限りのたくさんの個体を押し込むのだ。

そして、ガイアックス上場後の2005年の頃も、飛蝗のための環境ができた。会社から徒歩すぐのところに、渋谷サロンという名のもとで、会社の寮を作り、主要メンバーが、そこに泊まり込んでいたのだ。
メンバーを挙げると、まず、ガイアックスの社長である僕と営業部長の私の兄上、後に上場企業ピクスタの社長となる古俣さん、後に上場企業AppBankの社長と取締役になる村井さんと宮下さん、後に芸能人「三枝こころ」として活躍される宮下さんの妹さん、後に上場企業リタリコの社長となる長谷川さん、後に上場企業アディッシュの社長となる江戸さん、後に世間を賑わすADDressという会社の社長となる佐別当さん、とかの9名を含む10名ちょっとが住み込んでいたのだ。

一つの部屋に、2段ベットが複数個ほど設置され、高密度過ぎて、寝るに寝れない。
さらに、深夜になると、仕事から帰ってきた長谷川さんが、先輩である寝ている村井さんを叩き起こして、「お前には負けないからな!」と叫んでからお休みになられる。
一応、生活空間のはずだというのに、そこら中で論争が起こり続ける。
なんと恐ろしい。

カテゴリー
未分類

アフリカ進出についての考察(アフリカ出張報告 #4)

アフリカ出張報告をブログに書いている。
4回目は、さまざまな国を実際に見てきて感じたこと。

———-

・アフリカに投資をすべきなのかそうでないのか。

今回のアフリカ出張で、南アフリカ、エチオピア、ルワンダと3ヶ国見て回り、そして、それ以外の国の話もいろいろ聞いてきた。
人口が多く、適度に発展途上国という観点で、進出対象の国としては、まぁスタンダードな感じでいけば、ケニア、ナイジェリアだろうということだった。確かにいろいろ話を聞くとそういう感じを受ける。
まぁともかく、国によって全然違うということを理解した、が、とはいえ、日本人としての一つの印象は、東南アジアや南アジアに似ているなぁということだ。
アジアも国によって全然違う。でも、発展しているところは発展している感じだということ、欧米や他の先進国からいろいろ進出してきているということ、でも、この混乱さや、ともかく人口が多いってこと。こんなことを言えば当たり前だが、発展途上国として、アフリカと東南アジアは、よく似ていると思う。

そうなると、日本企業の私たちは、無理にアフリカに進出する意味があるのか、と思ってしまう。これまで、ガイアックスのグループの歴史としては、東南アジアは何パターンかの形で進出し、その時々に活用してきた。
今後も、時差も距離もあるアフリカにわざわざいくのであれば、東南アジアで良いのではないだろうか。
アフリカは、ヨーロッパが地の利もあるし、そこに任せ、また、別の発展途上の地域である南アメリカは、USに任せるのが妥当だと言えよう。

まさか、この僕がアフリカ出張をして、東南アジアをもっと攻めるべきでは、という感想を持つようになるとは思わなかった。

もちろん、このような僕の考えは、間違っているかもしれない。
世界中のビジネス界から、アフリカは最後の楽園とも言われているので、東南アジアとアフリカでは、もっと発展に違いがあるのかもしれない。

まぁたしかにアフリカは、東南アジア以上に、なかなか整理整頓が進んでいない印象がある。言語だけでも、1000以上あるとかないとか。

実際、投資をしているのは、地の利があるヨーロッパの企業だけではなく、中国資本がかなり突っ込んできているし、また、アメリカ企業もある。

アフリカの黒人の方々のメンタリティも違う。
インターネット産業において、欧米のサービスやプラットフォームを、いまは、技術力が届かないので、使うは使うが、過去の植民地時代のことがあるので、絶対にいつか自分たちのもので取り返す、という思いがあったりするのだそうだ。
日本人のむやみやたらなUSサービスへの崇拝とはまた違う。

ここ10年、20年で見て、安定的に成長するのではなく、混乱は、引き続きありそうな匂いである。
私たち、まだ勝ち上がってないベンチャー企業としては、「混乱」は、悪いことではない。そういう意味では、やはりアフリカにはワンチャンあるのかもしれない。

 

・どういう産業に参入余地があるのか?

いろいろなレベルで事業の参入余地はある。
いろいろなサービスのレベルがボロボロすぎて。
どこの分野に参入しても、仕事のできるガイアックスのメンバーであれば、おそらくきっと勝てるだろうとおもう。

普通に仕事ができる若手日本人がいて、今、裸一貫で、もしもビジネスチャンスを探しているのであれば、行くことをオススメしそうだ。
だって普通にやれば、勝てそうだし。
もちろん、マーケットも違うし、勝ち筋も違うし、

もちろん、日本においても、
それなりに仕事ができる若手メンバーとして、東京を離れて、地方都市で、全身全霊で戦えば、地域ナンバーワンになるだろう。
でも、日本の地方都市で勝ったところで、アップサイドが小さい。

その点アフリカは違う。人口が大きい。
人口はパワーだ。
しかも若い人口が多いっていうのは、パワーだ。
中国やインドを見ていると、どうしてもそう感じてしまう。
アフリカのある国が、日本の地方と同じ勝ちやすさで、そして、もしも勝ったとしたら、その国全体が伸びてくるので、アップサイドのチャンスは大きい。
途中で立ち寄ったエチオピアも普通に1.3億人の人口がいて、しかも人口ピラミッドがかなり若者に寄っていて、これからまだまだ人口が増えていきそうだ。

もちろん、アフリカは、国際社会において、一周遅れなので、
まるで、アメリカ国内における「貧困家庭で生まれたら最後、貧困が遺伝し子供たちも貧困から抜けでれない。」かのごとく、もしかしたら、先進国に搾取される立場で、永続的に勝ち上がれないのかもしれない。
そういう悲観シナリオもある。

が、まぁそういうリスクに掛けてこそ、ベンチャーだろう。

 

・どういう事業での進出があり得るのか。

ガイアックスの事業領域は、ソーシャルメディアとシェアリングエコノミーを軸にしている。
一方で、別の側面で見ると、VC事業というか、スタートアップスタジオ事業をやっている。

しかも、アメリカや中国に比べて、2周も3周も劣っている日本というマーケットで、スタートアップスタジオという事業をやっている。

勝てるかもしれないとはいえ、なかなかリアルや現地事情に深く紐づくシェアリングエコノミーのサービスで入り込んで行って、自分たちの資本で事業を作っていけるとは思えない。

交通手段、、まだまだだなぁ、きっと余地はある。
食事環境、、、まだまだだなぁ、きっと余地はある。
がしかし、あまりにローカルすぎる。

でも、
スタートアップスタジオをやるのであれば、同じような周回遅れ気味で、先進国から上手に盗みながら、スキルアップをしていくということで言えば、非常に親和性が高いので、場合によれば、アメリカ勢よりも有利ではなかと思う。現地企業よりも有利ではないかと思う。

 

・人材レベルは高いとはいえない

一流ホテルに泊まっていたわけじゃないので、そのせいかもしれないが、もっと思考力を持ってくれって思う。
僕は、10日ぐらいの旅行であれば、荷物は、ナップサックぐらいにしちゃって、旅先のホテルで、自分の服を持参した石鹸で自分で洗うというタイプだ。

旅程の中で存在するホテルに連泊するタイミングは、貴重である。
1泊だけだと服を洗って乾かせないからである。

僕の泊まった連泊のアフリカのホテルには、幸いなことに扇風機が置いてあった。
朝に服を洗って、服の棚を開け、濡れた服をハンガーに掛けて、別の部屋から扇風機を持ってきて、その棚の中に風が入るようにした。
まぁそのままでも乾くだろうが、これだと完璧に乾くはずだ。

その日の夜、部屋に帰ると、棚の前にある扇風機が止められていた。まぁこれは許そう。
なぜ棚の扉を完全に閉める?
何をどう考えたら、扉を閉めるんだ?
案の定、扉を開けてみても、全く服が乾いていない。
いったい、このシチュエーションで、「扉を閉めておいてしんぜよう。」っていうのは、どんなサービスなんだ?

その他にも、アフリカでは、僕から見ると、すごく真面目に仕事をしてくれているのだが、結果として、仕事をしている風、が多い、と感じた。

ルワンダでイベント会場に入る時、バイクに乗せてもらって会場に着いたのだが、入り口から先にはバイクで入れない。会場の入り口で降ろしてもらって、そこから歩いて入った。歩いて入る際に、まるで空港のように一人ずつ荷物を別に保安検査機器を通し、また、全身スキャナーを通っていく。ちょっと面倒ではあるが、一方で、すごく安心だ。
翌日も同じイベントに参加したのだが、車で入ることになり、やはり車の入り口では、厳重なチェックが。車体の下に爆弾がないのか、ということを警備員が手に持ったミラーで確認したり、トランクルームをチェックしたり。

あれ?運転手や乗客の僕や僕の荷物はチェックしないの?
僕は降りなくていいの?
だとしたら、昨日の歩行客をチェックしているの意味なくない?
えっ、会場のセキュリティ、ゆるゆる?
まぁゆるゆるでもいんだけど、じゃぁあの歩行者のチェックに従事している人の仕事の意味は?
頼むから、車に乗っている僕の体のボディチェックや荷物のチェックをしてくれよ!とつい叫びそうになった。

個人的には、キツイ。本当に、キツイ。
こういうことが1つあるだけで、気になりすぎて、僕の思考力が全部飛んでしまう。

僕のクオリティ・オブ・ライフでもっとも重要なのは、もしかしたら、思考力とか対人感受性に優れている人や、高速にボール回しができる人とかに、囲まれていることなんだろうと思う。
仕事ができる人に囲まれている時の幸せは、何事にも変えられない。
仕事ができる人と話している時は、幸せすぎて、仮にどんな状況でも、笑いが止まらない。

その観点では、事業として、勝てる、勝てない、とか、ビジネスチャンスがある、ない、とか、また、ガイアックスグループとして、アフリカに進出する、しない、とか、ではなく、上田はアフリカには、きっとタッチしなさそう。

 

・ガイアックスの取り組み

ガイアックスグループには、過去フィリピン拠点を立ち上げ、100人規模の組織にしてきた潤さんというどこにでも切り込める天才と、なぜか地理的にも近いヨーロッパで活動している管さんというガイアックスの経営陣の一角がいる。

この二人が、ルワンダのアクセラレーターである250Startupsと交渉の上、今回、提携させていただき、いろいろな起業家を紹介いただけることになった。また、加えて、この二人が、このアクセラレーターに属する多種多様な起業家への定期的なレビューも担当してくれる。

インサイダーになることで、優先的に投資できるし、優先的に投資案件紹介もしてもらえる。加えて、もっと根本的なことであるが、アフリカの理解について、外から見ただけの理解ではなく、より深く理解できることになるだろう。

カテゴリー
未分類

税制適格ストックオプションの、ある一つのルールを変更すべきだ!

僕は、ストックオプションが大好きだ!
僕個人として、いっぱいストックオプションが欲しい、という意味ではなく、ストックオプションという仕組みが大好きだ。

もちろん、上田個人としても、いっぱいストックオプションが欲しい!
みんなちょうだい!!!!

嘘です。
個人として、いろいろ社外取締役とかもやっているし、投資もしているし、アドバイザーとかもしているけど、でも、ガイアックスが僕の魂だから、ガイアックス以外では、一切、ストックオプションをもらっていない。

もしもストックオプションをくれるなら、そのストックオプションをガイアックスに割り当てて、で、そのガイアックスのストックオプションを僕はもらいたい。
ガイアックスの儲けで、やっぱり、僕もすごく儲けたい!(つい本音が、、、。)

 

ウォーレン・バフェットが、ストックオプションの仕組みが嫌いだっていうのは、知っている。

でも、世界中のベンチャー企業で使われている。
ストックオプションじゃなくても、経営陣に対する普通株に対して、投資家に対しては、高値の優先株を割り当てている時点で、経営陣にストックオプションを付与しているのと同様の効果がある。

ストックオプションというのは、要は、「もしもファインプレーを出したらハイリターンがあるよ。」という枠組みである。

ストックオプションがフィットするのは、ウォーレン・バフェットが大好きな、マーケットシェアを占有済みの企業やそういう産業ではなく、これから経営陣やメンバーの活躍如何で、何倍にも企業価値が増えうる会社に対してなのだ。そういう会社には、本当にフィットしている。

ストックオプションや、もしくは、ほぼストックオプションのようなものである優先株に対する低廉な価格で取得できる普通株については、ガイアックスの周りで配りまくっているし、各企業の経営陣からの相談があれば、かなり承認しまくっている。(繰り返すが上田個人以外に。)

えてして、ガイアックスが株主の立場なので、確かに株式が増えて、希薄化し、そして、ガイアックスの儲けが減るのは、本来で言えば、すごく残念なことである。
でも、まぁ、経営陣とそのメンバーの活躍の貢献度合いを考えたら、まぁ妥当といえば、妥当だろうなぁって思う。
活躍してもらって、企業価値が10倍になれば、ガイアックスの持ち分が10%減ったところで何がある、というのだろうか、だ。

 

このストックオプションを思いついた人間は、まさに天才である。
そして、日本においても、このストックオプションでの税制適格という形で過度な税金負担を求めない仕組みを整備した人間は、まさに日本の功労者である。

が、しかし、1つ言いたい!
今日時点の、税制適格ストックオプションは、1つ、仕組みとして、間違いがある。
おそらく、制度を作った人間が、ちょっとした勘違いをしていたのだろう。
というか、税制適格ストックオプションの使われ方のうち、ガイアックスのようなパターンをイメージしきれていなかったのだろう。

何が間違っているかというと、税制適格ストックオプションの条件の1つで、1年間に行使できるストックオプションの行使額が、上限として1200万円に設定されているのだ。
ここが違う。制限すべきは、行使額ではない。
1年間に行使できるストックオプションの、発行時の時価の合計額が、上限として1200万円に設定されるべきだったのだ。

まぁ何を言っているのか、分かんないよね。
何を言いたいのかも、分かんないよね。

 

ここで、簡単にストックオプションの仕組みを紐解いておく。

例えばであるが、下記のようなストックオプションがある。

今、この会社は、上場している企業。
株式の時価1,000円。
ストックオプションの行使価格には、時価以上の行使価格を設定する必要があるのだが、通常、時価を採用するケースが多い。
ついては、行使価格1,000円。
ストックオプションの対象となる株数24,000株。
行使可能な期間を3年目と4年目の2年間に絞る。
各年度において、12,000株ずつ、1200万円ずつ行使できる。

こういう形で、3年後4年後という将来に1,000円で株式を購入できる権利を役職員に対して、権利自体は、無償で発行するわけだ。

これだと、仮に、3年目時点で、株価が2,000円になり、4年目時点で株価が10,000円になったとすると、
その役職員は、3年目に1,000円で12,000株を行使し、1200万円を払い込み、その直後に株式を売却し、2400万円を取得する。ついては、1200万円の利益なのだ。
4年目にまた、1,000円で12,000株を行使し、1200万円を払い込み、その直後に株式を売却し、1億2000万円を取得する。ついては、1億800万円の利益、約1億円の利益なのだ。

 

ストックオプションを配りまくりたいと言っておいてなんだが、株主の立場だとしたら、こんな緩いストックオプションを配りたくはない。

1株あたり1,000円が2,000円に、つまり会社の価値が2倍になっただけで、1200万円も儲かってしまうなんて!許せない!
例えばだが、半分ぐらいの発行量にしておこうよ、というかもしれない。
そうすると、3年目と4年目の利益は、600万円の利益と5300万円の利益になるのだ。

ただ、本来のあるべき解決策はそうではない。
発行量は変えずに、行使価格を当時の時価の1,000円ではなく2,000円にしようよ、という提案の方がスマートなのである。
つまり、企業価値を倍にしたぐらいでは、利益は取らせない、というわけだ。量を減らす必要はない。
そうすると、3年目と4年目の利益は、0円の利益と9600万円の利益になるのだ。
株価を10倍にしたら、やっぱり1億円ぐらいの儲けがその個人にもたらされるのである。

 

ベンチャーフェーズにおいて、投資家が経営陣に望むのは、2倍とかではない。最低でも5倍10倍なのである。
一方で、経営陣サイドも、ストックオプションの量とか減らされるぐらいなら、行使価格のハードルを上げて、逆にストックオプションの量を増やしてもらいたいぐらいなのである。(もちろん行使価格が安い方がいいが、仮に、行使価格が高ければ高いほど、もっとたくさんストックオプションを割り当てしてもらえるとしたら、高くていいので、めいいっぱい大量の株数分を割り当ててくれ、という感情なのだ。)

つまり、投資家も経営陣も、両方のニーズとして、時価ではなく、時価の上を行く行使価格を設定したいわけなのである。
で、話が戻るが、このニーズに対して、現行の税制適格ストックオプションのルールが全くフィットしていない。
先ほどの例えのケースにおいて、元の案だと、税制適格ストックオプションの範囲内ではあるが、行使価格を倍に設定する案に変更すると、税制適格から外れてしまうのだ。

税制適格ストックオプションの制度というのは、
「あまりにも多く儲けるなよ。あまりにも多く儲けるとしたら、税制の優遇を適用しないぞ!」
であるべきだし、本来、そのつもりで作っているはずなのだ。
だから、儲けが減るような設計を否定するべきではない。

単純に行使価格を上昇させた場合、その役職員の儲けが減るに決まっている。
先程の例えでは、具体的には、行使価格を1,000円から2,000円にすることで、1200万円の利益と1億800万円の利益が、0円の利益と9600万円の利益になるわけである。

つまり、税制適格ストックオプションの正しい制度としては、
——
時価が1,000円の時点で、
1年あたり年間12,000株の行使までは、税制適格と見做す。
なお、行使価格については、時価以上であること。
——
であるべきなのだ。

別の言い方をすると、
——
1年間に行使できるストックオプションの、発行時の時価の合計額が、上限として1200万円である。
——
なのである。

読者のほとんどは、どうでもいいと思っているだろうし、僕自身もこんな法律を改正するためのアクションをするほど、暇ではないのだが、本当にこの制度設計は許せない。
そのせいで、行使価格を引き上げることができない。企業価値をちょっと上げるだけで、無意味に役職員に利益が出ちゃうし、そう思うと、発行量を減らなきゃって思っちゃう。

 

きっと読者の皆様には、あまり伝わってないよね。
細かすぎて伝わらないモノマネと一緒の部類かなって思われてそう。ほんと、ハラ立つよ!

分かりやすい例えにすると、
——
スーパーマーケットで、すごく美味しいと評判の定価150円の卵1パックを、今回、特別に割引して大特価50円!で販売。
でも、安すぎるので、お客様1人あたりの購入上限(たとえば3パックまで)を設定したい。
ついては、「卵は1人あたり150円までの購入でお願いします。」という看板を上げた。
——
というようなものである。

ある方が卵を買いに来て、割引要らないから、4つ欲しいので、定価の150円で4つ買うね。って言った時に、
「はい、定価ならいくつでも買ってください。」というパターンはさておいて、
「いやいや、定価だろうが、1人あたり3パックまでです。」って言うべきなのを、
何を勘違いしたのか、
「いやいや、1人あたり150円までの購入なので、定価でのご購入なら1パックまでになります。」というルールにしちゃっているのだ。
まじ、ありえない。

正しい設計は、せめて、「1人あたり3パックまでです。」なのである。
まぁ田舎町のスーパーマーケットの新人アルバイトなら、これぐらいの間違いもご愛嬌、なのだが。

 

たしかに、行使価格を上振れて設定している会社は少ないし、ちょっとしたことなんだけど、これ自体がきっと新しい概念なので、やっぱりイメージしきれないんだろうなぁ。やっぱり普及活動、布教活動をしなくちゃならないのかな。法律改正のためのアクションをしないといけないのかな。

批判よりも行動を!

いやぁ、、でも、パスだな。この案件は。