天才でないと

諦めてはならない。
結果として、やはり稲盛さんであるとか、ウォーレンバフェットのようにならねばならない。

天才っていうのは、
天賦の才に対する強い責任感とか、自分に対する高いプライドとか、夢に対する絶対的なコミットとか、
そういうものを認識して状態なのだろうとおもう。

・天賦の才に対する強い責任感
生まれた時から頭の回転が速いかどうか、というのは重要ではなく、
それは秀才のように努力して知識を溜め込むことでもなく、
自分の頭の良さに対して、社会のために天から授かったものでありその責任を果たさねばという気持ちが、頭の回転をますます速くさせていくのであろう。

・自分に対する高いプライド
まわりに弱い部分を見せれないというようなプライドということではなく、
また、今の自分に自信を持って偉そうにすることでもなく、
事実として良し悪しのある今の自分があって、それを正しく認識して、
そして、本来自分はいかにすばらしい存在であるべきなのか?という点について非常に高いプライドがあり、
そして、いかにまだまだ自分のあるべき姿に対して届いていないのか?という部分に心を張り巡らせる。
結果として周りの人と接する際には謙虚な姿勢となる。

・夢に対する絶対的なコミット
諦めてはならない。実現しない状態で終わるわけにはいかない。夢と自分を切り離してはならない。
常に自分が夢通りになることを普通に信じている。
「なれたらいいな。」ではなく、「なるのだろうな。良かった、ありがとう。」という気持ち。
絶対的というのは、曇りの無い純度の高い、という意味。

こういうことを認識している状態が天才なのだろうと思う。
結果として、稲盛さんであるとか、ウォーレンバフェットとか、イチローとかのようになるのだろう。

僕は普通に起業するべくして起業したとおり、普通に天才になるべくして天才になる。
この世に生まれてはじめて言葉を発することができたが、天才になれてはじめて社会の一員になれる。
社会的に早く生まれないと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA