カテゴリー
未分類

US出張で使ったサービス

最近、US出張をしたが、そこで使ったオススメのサービスについてシェアしたい。
特に最近のサービスではないものの。

 

■ TripIt
これは、5年前に社員(ロシア人)に教えてもらってからずっと使っているのだが、国内では全然メジャーにならない。
こんな便利なサービスなのに、なぜみんな使わないのだろうかと思う。
TripItは、簡単にいうと、旅行の日程、例えばホテルの泊まる日や場所、電話番号や、飛行機の時間、ターミナルなどを、iPhoneのアプリ上で見るサービスだ。
アプリにアクセスすると自動でキャッシュするので、オフラインでも確認することができる。

サービスを登録して最初にすることは、自分のメールボックスをTripItに監視させること。
TripIt社に対して、僕のメールボックスを自由に見れるようにするわけである。
なんて怖いことを僕はしているのだろう!!
でも、いいのだ。本来、全部、自分の情報は公開すべきなのだ。

 

昔、当社でLISTERというサービスを展開していたことがある。
メールボックスを監視して、来たメールをどんどん解析して、署名から住所録を作っていくサービスだ。
人にメールボックスを見せるのは「怖すぎる」というユーザーもいたし、信じて任せてくれて、この便利さを体験いただいたユーザーもいた。
自己責任の世界なので、なんとも言えないが。
どちらにせよ、今後の社会方向性としては、やはり何でもかんでもオープンにする社会になるべきではないかと思う。
いや、違う。そうではない。なるのではない、我々ガイアックスがそうしてみせる。

 

という意気込みはさておき、
「Tripitに、メールボックスを監視させる」というステップの後は、普通に旅行の手配をしていくだけ。
旅行サイトや、ホテル予約サイトや、エアラインのオフィシャルサイトで、どんどん、旅行の予定を登録していくと、その予約の確認のメールが自分のメールボックスに届く。
メールが届くとすぐに、TripItは、それを見つけ出し、文字解析を行い、自動に登録していってくれる。

たとえば、日本からアメリカへの予約をUnited Airlineのオフィシャルサイトで行い、いくつかのホテルをExpediaで行うと、これらのサイトからの確認メールを捕捉し、全自動で、TripIt上で、きれいに並べてくれる。また、離発着する空港の地図や、ホテルまでの地図なども表示してくれるようになる。

あとは、旅行の当日に、TripItの予定の通りに行動をしていくだけである。
もちろん、TripItの予定を同行者にシェアすることもできる。

 

今回のUS出張でLAに立ち寄ったので、せっかくなので、ビバリーヒルズに行った。
そして、せっかくなので、ビバリーヒルズで良さげなレストランに行こうと。
TripAdviserと、yelpを駆使しながら、良いレストランを探し、Yelpからのリンクで、その場で、OpenTableで1時間後の予約を取る。
すると、OpenTableからの確認メールを受けて、TripItが自分の旅行の予定表に書き込んでくれる。
そして、移動の際には、そのままスマホがカーナビになる。なんて便利なんだ!

 

■ Stay.com

旅行におけるアプリで、さらにパワフルなサービスがこれ。
Stay.comには、世界中の何十箇所かのエリア(たとえば、LA)が登録されていて、そのエリアを選んで、DLすると、そのエリアのレストラン情報(1地域あたり数百件)や、ショッピング情報や観光地情報が1000件以上ダウンロードされる。
そして、なによりすごいのが、地図情報、つまりGoogle Map的なものもダウンロードされる。
旅行先は、えてして、通信環境がなかったり、あっても良好じゃないケースが多い。
そんな時でも完全に情報をDLしているので、まったく困らない。

 
一番感動したのは、レストランなどのスポット1件ごとの情報に対して、電話番号などが間違っているなどのフィードバックのフォームがあること。
オフライン状態で使っているのにこの機能は使えるのかなと思い、試しに送ってみたところ、オフラインなのに普通に受け付けて「Thank you」と表示される。
きっと一回アプリで保存しておいて、iPhoneがオンラインになった瞬間にお届けするのだろう。
そこまでやるのか。と。

 

また、数年前に、海外旅行をした際には、旅行前に、日本でブループラネットのiPhone有料アプリを1000円ぐらい払ってダウンロードした。
それも同じく完全にダウンロードしてしまうので、旅行先でオフラインであっても全く問題はない。
ただ、ブループラネット(日本で言うところの地球の歩き方とほぼ同等、もしくは、それ以上の情報が掲載されている本)なのにも関わらず、情報があまりにも少なく閉口してしまった。
僕の体が、ネットでのあの異常に大量な情報量に慣れてしまっていて、普通の本の情報量には全く納得がいかないということを体感できた。
今や、読み切れないほどの情報量がダウンロードできて、そして、やはり無料。
そしてそれが僕らにとって当たり前。時代の変化を感じる。

 

■ pandora

音楽のサービスで、簡単にいうと、ネットラジオ。米国ではかなり普及しているはず。
日本からはアクセスすることが出来ない。広告もなく、ずっと音楽が聴ける。

 

このサービスは、自分の好きなアーティスト、たとえば、「きゃりーぱみゅぱみゅ」を登録すると、そのアーティスト、つまり「きゃりーぱみゅぱみゅ」の曲も流れるが、それ以外のよく似たアーティストや、雰囲気の似通ったまだマイナーなアーティストの曲も流れてくる。
その流れてきた曲に対して、好き嫌いをチェックしていくと、その嗜好を掴んで、どんどんドンピシャにチューニングしてくれる。
つまりまさにカスタマイズされていくラジオみたいな感じ。

 

ただ、いくつか、制約条件がある。
同じ曲は何度も聞くことはできない。もしも聞きたければ、ワンクリックで購入サイトに飛べる。
聞きたくない曲が流れた場合は、スキップすることはできるが、1時間に数曲ずつしかスキップすることができない。
これは本当に、よく出来たサービスだ。なぜ誰もこんなサービスをしなかったのだろう。

 

◯ 消費者心理、というか、上田の心理
好きな曲は好きだ。
どちらかというとエレクトロニカな感じ。
具体的には、有名ドコロで挙げるとFantastic Plastic Machineな感じが好き。FPMばんざーい!
他にもいろいろ好きなのがある。挙げ始めるとキリがない。

Studio Apartment
Daishi Dance
Rahze
note native
M.O.K.
Jazzida Grande
Sound Around
Jazzin’ Park
Rasmus Faber
DJ KAWASAKI
capsule
i-dep
Free Tempo
autumn leave’s
Cargo
Jazztronik
Latrice
mansfield
CLAZZIQUAI PROJECT
genki rockets
Private Theory
COLDFEET
MAKAI

とかとかとか。

 

こういう雰囲気だったら、別に誰のどんな曲でもいい。
そして、できれば、すでに手持ちの曲は聞き飽きているので、もっと聞いたことのない新しい曲を聞きたい。
聞いたことのない、良い曲を教えてくれたら、それが一番満足度が高い。
時々はラジオも聞かないと新しい曲が開拓できないから、聞かないとだめだと思って聞いているけれど、センスの無いCMが嫌だし、良い曲に出会えるヒット率が低いから、基本はラジオを聞くのもストレスが貯まる・・・。
そういう意味では、pandoraは、まさに最適解。無料だし。ずっと掛け続けていたい。
もちろん、本当にすごくすごく僕にとって良い曲を紹介してくれたら買う。ほとんど買わないけれど。

 

◯ 企業側のニーズ
曲を買わせたい。
新人やまだ売れていないアーティストの曲であれば、広告費をもらえるので流したい。リスナーに突っ込みたい。

 

pnadoraは、これらの2つのニーズを上手にまとめあげている。消費者にとってハッピーで、企業にとってもハッピー。
こういうサービスを仕上げたpandoraを尊敬する。ただ、本音を言うと、もっと良くして欲しい。
たとえば下記みたいな。

  • 僕にとって適当な曲が、無料で掛かり続けている。
  • 良いなと思った曲があれば、「有料再生を許可する」にチェックをできる。
  • 「有料再生を許可する」にチェックが入った曲は、時々、適当な曲の合間に入れ込まれてくる。
  • 1回流れると、5円とか10円ぐらいの支払いが発生する。
  • 1曲あたり、300円ぐらい支払ったら、つまり30回聞いたら、もう支払はストップ。以後いくら掛けても無料。
  • 且つ、月あたり3000円ぐらい支払ったら、もう支払いストップ。その月は何をいくら掛けても無料。
  • 好きな曲を何回でも聞くことができる。

みたいな設計が嬉しい。

ここまで取引コストが低下しているのだから、200~300円で買い切らせる必要はないと思う。
5円とか10円とかでいい。時代を考えて欲しいね。

カテゴリー
未分類

インフラ障害の話

社内には、社内向けにインフラ、データセンターとか回線とか、各種運用をサービスするチームがいる。
まぁ、部長を筆頭にプロフェッショナルで、責任感が強い。

 

で、社内の事業部サイドに対して、幅広く、また、事業部サイドに楽してもらえるように、いろいろサービスしようと業務範疇をどんどん拡大していく。
そうすると、ただでさえ事業が拡大し縦に量が増えているのに、業務範疇という形で横も増えているだけあって、それに比例して、率は下がっているものの、合計としての障害発生量が上がっていく。
そして、障害が多いとその対応工数も増え、また、緊急ですごくがんばってもらうことになる。

 

しかもそういう業務って、深夜作業とか、休日作業とかで。
また障害対応って、すごくプレッシャーのあるお仕事で。

 

つまり、
障害の発生にあわせて、かなりの業務量をこなしてもらうことになる。
にも関わらず、誰からも全く評価されない。
それどころか、やっぱり障害なので、ケースにより、社内外に謝って回ってもらっている感じで、ダブルで大変。

 

僕は、それぞれの障害や事情を聞いて、だいたいのケースで、なるほどまぁそうだよねと思っている。
また、何もトラブルの発生していない日々がほとんどだし。
トラブルがあっても、大小を付けるのは難しいものの、しっかりとクリティカルな状態にならないように日頃からやってもらっている。
時々、転職してこられた方とかが、うちのインフラのサービスってすごいなって話がランチの際とかに時たま、話に出るものの、それ以外では、常日頃から事業部サイドのみんなが感謝しているものの、ぜんぜん誰も言ってない。
僕も何も言ってない。というか言うタイミングが無い。

 

ということで、引き続き特に何も言いませんが。
そして、そのくせ、引き続き、毎日、完全に頼りにしている。

カテゴリー
未分類

僕はあまり泣かないタイプなので積極的に泣くようにしている

僕は、あまり涙が出てこないタイプの人である。
世の中には、すぐ泣く方やすぐ涙を流す方もいるが、僕はそうではない。
なにか悲しいことや悔しいことがあっても、僕は意外に冷静なものである。
回りは泣いているのに、これっぽっちも涙が出てこないことも多い。
「血も涙もない。」と言われたりするが、そんなことはないと僕自身も思いたいのだが、他の人と比べると、そのとおりである。

 

学生時代には、「上田は、青い血が流れている。」とも言われたりしていたが、さすがにそんなことはない。
本当にそんな青い血が流れているようなヤツがいたら、ぜひ見てみたいものだ。
とはいえ、やっぱり僕は、あまり涙が出てこないタイプの人である。

 

・ 涙の効用
ストレス解消に対して、「笑い」はすごく良い。
ちなみに、本当の心からの笑いじゃなくても、作り笑いでも、ほぼ同様のストレス解消の効果がある。
だから作り笑いでもいいので、ケラケラ笑うべきなのである。

しかしながら、実は、笑うことよりも、泣くことのほうが数倍、ストレス解消に効果を発揮する。
実際、皆さんも、散々泣いた後に、スッキリした経験があるはずだ。
僕自身もそういう経験がある。
学生時代の彼女とかも、すごく悲しいことがあって、散々泣いた挙句に、泣き止んだ後は、ケロッと「お腹が空いた」とのたまっていた。

まぁでもそういうことってよくあると思う。涙を流すことは、ストレスを洗い流す効果がある。
ちなみに、泣くのも、笑うのと同様、心からの涙でなくても、作り涙でも、ほぼ同様のストレス解消の効果がある。
泣くことはすごく重要なことなのだ。

シリアスなストーリーな映画とか見ていると、ちょっとホロっとしたりすることがあるが、僕は、その際に、さらに自分の心を踏み込みに行って、がんばって涙を流すことにしている。
「うわっ。この子すごくかわいそう。すごくすごくかわいそう。めっちゃかわいそう。」
クライマックスシーンが終わらない間に、急いで、思い込んで思い込んで、涙を流すところまで自分を持っていく。
仕方ないじゃないか。がんばって思い込まないと、涙が出てこないのだ。

せっかくのストレス解消のチャンスを逃してなるものか。
逃がすまい。僕は、泣くのだ、泣くのだ。僕は、そんな日々を過ごしている。

 

・ 南相馬のこと
1年半前、東北大震災があった。原発事故もあった。
そして、アントレプレナーセンター社さんの縁あって、南相馬にお伺いした。

南相馬。
皆さんはどういうイメージを持つだろう。そんなところに人は住んでいるのか?と思うだろうか。
放射能が危ないのだから、早く引越しすればいいのに、と思うだろうか。

そこでは、南相馬の方々が真剣に、日々、議論していた。子供たちや赤ちゃんも居る。
南相馬から、離れていった人もいる。離れられない人もいる。その間で、悩んでいる人がたくさんいる。
こんな環境なのにも関わらず、一生懸命、生きようとしている。

何なのだろう、この南相馬の人たちは。

「自分の家族」と「自分の職場や学校や地域社会で培った人間関係」。
引越しをして、これらの一部を失うという判断を下すのも一つの考え方だと思う。
でも、これらこそが人生の全てといっても過言ではない。
実際、僕にとって会社の同僚や元同僚との関係は、まぁ僕のほぼ全てだ。だから難しい。

引き裂かれていく中、また、引き裂かれないようにしている中、ただでさえ大変なのに、こんなに一生懸命生きている。
そして、僕が出会った南相馬の方たちは、震災や原発事故から1年が経ち、ずしりと覚悟が座っている。
その覚悟感に接していると、自然に涙が溢れ出た。

それに比べて、僕は、毎日をサボっていないのか。
こんな状態を見過ごしていていいのか。何か、この南相馬に対して、自分が出来る事はないのだろうか。でも僕は、自分の仕事があるので、南相馬にコミットすることは無理である。

僕としては、僕自身が南相馬にコミットしないならしないでいい。
でも、南相馬にコミットする以上の意義ある仕事を今しているのか?
サボっている日常を過ごしていないのか?
自分の今の仕事をやるならやるで、本当に自分の仕事を本気でがんばらないといけない。

くそっ。自然に涙が溢れ出た。

 

・ 福島さんのこと
アントレプレナーセンターの福島さんという人がいる。
この人は手強い。この人のセミナーは手強い。

毎年、福島さん主催のドリームプラン・プレゼンテーションというセミナーに参加している。
半年ぐらい前に、ドリームプラン・プレゼンテーションのエントリーを書いた。

もっと知り合いに、もっと社内に、参加することをオススメすべきだったとすごく後悔している。
ただ、きっと、僕がブログで書いた所で、伝わらないだろう。
今年、2名の社員が一般観覧されたが、やはり涙が止まらなかったとのこと。で、曰く、
「まさかここまでのイベントだったと思いもしなかった。先に言ってくださいよ。」
どう伝えればいいのかが、分からない。

僕も、福島さんのお言葉の前には、まったく歯が立たず、ポロポロと涙が溢れてくる。
こんな良質なセミナーはない。
僕は、福島さんのセミナーがあれば、もっとたくさんの人のオススメしないといけない。

そして、9月13日にその福島さんのセミナーがあった。
しかも、南相馬の方たちを招いてのセミナー。誓ってもいいが、とてもオススメのセミナーだった。
スケジュールが空いていれば参加すべきだし、
空いていなければ空けてでも行くべき、といっていいほどのセミナーだった。

さすがに、僕も福島先生のストーリー展開や口調にも慣れてきたので、もう大丈夫なはずだ。
さすがに、南相馬の人たちともけっこう話してきたので、僕の中での衝撃度は減っているはずだ。

次こそは、絶対に、僕は涙を流さない。
がしかし、この2つがミックスされると。大丈夫なのか、上田祐司。

そしてその結果は・・・、ここでは書かないことにしよう。

カテゴリー
未分類

一緒に働くにはミスマッチな人

これまでたくさんの方を採用した。
一緒に働くにはミスマッチな人っているよね。
別の業界が向いているケースとか。仕事をしない人とか。スキルセットがミスマッチとか。

けど面談の時には中々そこまで気付きにくい。
タブーかもしれないが、その実名の個人に対して、退職毎に企業側が評価をして、それをシェアするべきではないか。

おそらく、「レッテルを貼られる」「人生をリセットが出来ない」ということで、大反対もあるだろう。
とはいえ、やっぱり本気で事業をやっている以上、本気で仕事に向かっている人と一緒に仲間となって仕事をしたい。
今のガイアックスのメンバーは熱い人が集まっているのに、その濃度を下げたくない。
やっぱり仕事に対して熱い人を採用したい。

もちろん、少なくとも企業側は、働き手から評価され、その情報がシェアされるべきだ。
実際、我らがガイアックスをはじめ、どのような企業も、万人に満足できる環境を用意はできない。
それぞれの会社に良し悪しや、賛否両論があるだろう。
現に、「転職会議」という職場に関するレビューのサイトもある。
素晴らしいことだと思う。

また、企業としては、こういうサイトがあるからこそ、否が応にも、一人ひとりの社員さんの向こうに、社会全体や労働マーケット全体を感じることができるのだ。
だから、その働き手に良い環境を用意すべく、一生懸命、より努力するのである。

交通事故が発生したということで、「てんかん」についてもいろいろ議論されていた。
「てんかんの方には、その旨を正直に開示してもらって、危険な業務を避けれる環境づくりをするべきだ。」
「いや、それがレッテルにつながるし、その結果、差別され、まともに社会生活を送れないリスクがある。
しかも、そもそも、どんな人でも、脳出血や心臓麻痺などいつでも意識を失うリスクもあるし。」など。
前科についてや、エイズなども同様だろう。
ただ、あまりにこれらのトピックはセンシティブすぎるのでスルーする。

時代は流れ、組織形態は変わっていく。
働き手を評価してシェアするケースも増えていくケースも増えていくだろう。

働き手側に対するレビューは、アルバイト募集のサイトや、
例えば「おてつだいネットワークス」などで実装されている。
学校の先生は雇い主である生徒から評価されないが、予備校などの先生は評価されている。
英会話のサイトでも実装されている。
格安でフィリピン人にSkype経由で英会話を学べるサイトの「KEYEYE」は、
「教え方」「態度」「時間の正確さ」など、いくつかの項目で評価を行えるようになっている。
(最大手の「レアジョブ」は、教師であるフィリピンの方のモチベーションダウンのために実装していないらしいが。)

今後、もっと、働き手の評価が重要になっていくはずだ。
会社の形態が代わっていき、ハリウッド型の事業形態が増えていくはず。
「常に採用している」という形態ではなく、「プロジェクト毎に人が集まって、終了すると解散する」という形態だ。
これまでは知り合いで人を集めたり、人脈や口コミ紹介で集めたりしたが、おそらくそうではなく、本当にパブリックに集める時代になるだろう。
そうなると、人の選定において、過去の評価履歴が重要になってくるはずである。

もちろん、レッテルにもつながることだから、機能実装やサービスデザインは難しい。
食べログの不正レビューじゃないが、正当性やトラブル回避のための施策を実装するのも難しいだろう。

「その労働者自身が、自ら『俺を評価してくれ』とサイトに登録している場合のみ、評価をする。」とか、
「その評価履歴は、誰もが見れるのではなく、しっかりとクレジットカード登録している有料の会員のみが見れるようにする。」とか、
「採用側の企業が、過去の働きぶりを知っている人のリストに対して電話などで照会をすることのみを可能とし、評価履歴はデータとして残さない。」とか、
まぁ色々あろうが、こういうサービスが提供されるとうれしいなと思う。

巡り巡って、より皆が頑張る世の中になるだろうし、頑張る人が報われる世の中になるだろうし、
よりミスマッチな転職が減るだろうと思う。

 


ところで、これまで学生時代たくさんの女性と付き合った。
合わない女性っているよね。
はじめてお互いが出会った時には、なかなか、そこまで気付きにくい。
タブーかもしれないが、その実名の個人に対して、別れる毎に・・・・・・・。

カテゴリー
未分類

これまでの慣れ親しんだ習慣やスタイルを変更すること

日々を効率的に過ごさなければならない。効率的なスタイルを築き上げなければならない。

しかしながら、世の中には、日々、新しいテクノロジが出てきている。
僕は、いつも、僕の回りの最先端の優れた人達から、そういった新しいテクノロジを教えてもらえる。
いかにこれまでの慣れ親しんだやり方や習慣と違っていたとしても、新しいテクノロジが効率的なのであれば、自分のスタイルを変えなければならない。
この厳しい社会で生き残るためには、本気で仕事をするなら、その心構えは必要だ。

もちろん、これまでの自分の慣れ親しんだやり方や習慣を変更するのは、本当に難しい。
それが小さな習慣であっても、変更するのは難しい。大きな苦痛を感じることになる。

個人であっても、会社であっても同様だ。つい、現状維持を選択してしまう。
そんなのではダメだ。そんなのでは衰退するばかりだ。僕たちは乗り越えなければならない。

僕は苦痛を感じながらも、いつも、それを乗り越えて、自分を変えていっている。

ちょっと古い話だし、皆さんも同じだと思うが、ガラケーとかもそうだ。
Appbankの村井代表から、嫌というほど、数年前にiPhoneの良さを説いてもらった。
当時、僕はガラケーをフル活用していた。
家で携帯のワンセグを掃除機を掛ける時やお風呂の中で見たり、4~5種類の電子マネーを活用したり。
しかもNTTドコモのガラケーを、もう十数年使っていた。
いろいろな特典もあるし、解約をすることなど考えたくはなかった。
しかし、それらを捨てて、当時、iPhoneに乗り越えた。

会社や事業もそうだ。
これまでの事業モデルを捨てて、新しい事業モデルに変えるのは非常に難しい。
たとえば料金プラン一つ取ってもそうだ。
過去のお客様に受け入れられている料金プランを捨てて、これからの増加してくるお客様向けの料金プランにするのは、会社にとって痛みを伴うし、それを進めるメンバーにとっても非常にきつい。
ついつい現状維持を選択してしまう。それでも、それを乗り越える必要がある。

新しいスタイルが明らかに効率的であれば、これまでのスタイルに対して、いかに慣れ親しんでいたとしても、コダワリがあったとしても、それを乗り越えて、移って行かなければならない。

先日、当社の中でも特に仕事ができるメンバーと飲んでいる際に、聞きたくなかった嫌な話を聞いた。

「移動時にキックボード使っているんだけど、かなりいいよ。キックボード。
歩くのって、遅いじゃん。なにしろキックボードは速い。ほぼ自転車ぐらい速い。
時々、自転車に乗っている小学生を抜かしたりすると、ムキになって追いかけてきたりするけど。
まぁ負けないね。渋谷とか坂が多いから、下り坂とか、ビジネスマンが歩いているところ、あっと言う間に抜かしちゃうよ。
しかもたたむとカバンに入るし。時間を有効活用するならマストだね。」

嫌だー。
僕は移動時にキックボードは使いたくないー。
キックボードに乗っている時に知り合いに会ったらとかって、想像もしたくないー。

「とはいえ、実は自分でもまだまだ甘いなって思うことがあって。
さすがにスーツで出勤している時は、キックボードを使っていないんだよね。
いやぁ、でも、良くないな。良くない良くない。こんなんじゃ良くない。ちゃんと変わらなきゃ。
これからは、スーツだからって恥ずかしがらず、そういう時でも、使うことにしよう。」

大変失礼いたしました。嘘つきました。
僕には、効率的だからと言って、慣れ親しんだスタイルを変えるなんてことは無理かもです。