カテゴリー
未分類

これまでの慣れ親しんだ習慣やスタイルを変更すること

日々を効率的に過ごさなければならない。効率的なスタイルを築き上げなければならない。

しかしながら、世の中には、日々、新しいテクノロジが出てきている。
僕は、いつも、僕の回りの最先端の優れた人達から、そういった新しいテクノロジを教えてもらえる。
いかにこれまでの慣れ親しんだやり方や習慣と違っていたとしても、新しいテクノロジが効率的なのであれば、自分のスタイルを変えなければならない。
この厳しい社会で生き残るためには、本気で仕事をするなら、その心構えは必要だ。

もちろん、これまでの自分の慣れ親しんだやり方や習慣を変更するのは、本当に難しい。
それが小さな習慣であっても、変更するのは難しい。大きな苦痛を感じることになる。

個人であっても、会社であっても同様だ。つい、現状維持を選択してしまう。
そんなのではダメだ。そんなのでは衰退するばかりだ。僕たちは乗り越えなければならない。

僕は苦痛を感じながらも、いつも、それを乗り越えて、自分を変えていっている。

ちょっと古い話だし、皆さんも同じだと思うが、ガラケーとかもそうだ。
Appbankの村井代表から、嫌というほど、数年前にiPhoneの良さを説いてもらった。
当時、僕はガラケーをフル活用していた。
家で携帯のワンセグを掃除機を掛ける時やお風呂の中で見たり、4~5種類の電子マネーを活用したり。
しかもNTTドコモのガラケーを、もう十数年使っていた。
いろいろな特典もあるし、解約をすることなど考えたくはなかった。
しかし、それらを捨てて、当時、iPhoneに乗り越えた。

会社や事業もそうだ。
これまでの事業モデルを捨てて、新しい事業モデルに変えるのは非常に難しい。
たとえば料金プラン一つ取ってもそうだ。
過去のお客様に受け入れられている料金プランを捨てて、これからの増加してくるお客様向けの料金プランにするのは、会社にとって痛みを伴うし、それを進めるメンバーにとっても非常にきつい。
ついつい現状維持を選択してしまう。それでも、それを乗り越える必要がある。

新しいスタイルが明らかに効率的であれば、これまでのスタイルに対して、いかに慣れ親しんでいたとしても、コダワリがあったとしても、それを乗り越えて、移って行かなければならない。

先日、当社の中でも特に仕事ができるメンバーと飲んでいる際に、聞きたくなかった嫌な話を聞いた。

「移動時にキックボード使っているんだけど、かなりいいよ。キックボード。
歩くのって、遅いじゃん。なにしろキックボードは速い。ほぼ自転車ぐらい速い。
時々、自転車に乗っている小学生を抜かしたりすると、ムキになって追いかけてきたりするけど。
まぁ負けないね。渋谷とか坂が多いから、下り坂とか、ビジネスマンが歩いているところ、あっと言う間に抜かしちゃうよ。
しかもたたむとカバンに入るし。時間を有効活用するならマストだね。」

嫌だー。
僕は移動時にキックボードは使いたくないー。
キックボードに乗っている時に知り合いに会ったらとかって、想像もしたくないー。

「とはいえ、実は自分でもまだまだ甘いなって思うことがあって。
さすがにスーツで出勤している時は、キックボードを使っていないんだよね。
いやぁ、でも、良くないな。良くない良くない。こんなんじゃ良くない。ちゃんと変わらなきゃ。
これからは、スーツだからって恥ずかしがらず、そういう時でも、使うことにしよう。」

大変失礼いたしました。嘘つきました。
僕には、効率的だからと言って、慣れ親しんだスタイルを変えるなんてことは無理かもです。

カテゴリー
未分類

行き詰まるのは

今日の「ありがたいお言葉」。

行き詰まるのは、新しいことをしないから。新しいことを挑戦し続ける人は行き詰まらない。
(アントレプレナーセンター 福島正伸)

そうだ!負けないぞ!

カテゴリー
未分類

シンガポールのテレビで見た消防署の日常リポート番組

シンガポールへの出張中のこと、

気になる案件があり、ずっとパソコンをしていたが、とはいえ、気がつけば、深夜2時。
「あれ。もう2時なのか。早く寝ないと明日の仕事に響くなぁ。ヤバイなぁ。」
パソコンを閉じて寝る準備を始めた。

そのホテルは、ベッドサイドにライトがないので少し面倒。
真っ暗にするとベッドの場所がわからないし、かと言って、寝る際に少しでも明るいのは嫌だ。
だから、明かりがてらテレビを付けて、部屋のライトを全部消してから、ベットに潜り込んだ。
「テレビの電源は、ベッドからでも、リモコンで消せる。我ながら頭が良い。」

ちょうどテレビでは、女性のリポーターが消防署の日常をリポートしている番組が流れていた。
「おー。このリポーター、けっこう可愛いな。」
生中継っぽい感じで、右上には「Quarantine」という単語が出ていた。
「番組名かな?消防署の名前かな?いまいち、シンガポールのテレビは色々な国の番組を流してたり、言語も英語だったりヒンディー語だったり中国語だったりで、全体的によく分からないよなぁ。」

テレビの中では、バスケなどをしている日常風景の消防署。
その時、突然、ベルが鳴り響いた。
数名の消防隊員が迅速に着替えて、下の階の救急車や消防車に乗り込んでいく。
リポーターの女性も慌てて救急車についていく。
しばらく走ると、ちょっと古びたマンションに到着した。
通報内容は、どうやら、そのマンションに住んでいるある年配の女性が、急に奇声を上げて暴れているということ。
「何か変な案件だなぁ。」

消防隊員がマンションに入り、その部屋の前に到着した。たしかに奇声が聞こえてくる。
消防隊員が呼びかけたもののまともな反応は無いので、意を決して、その部屋の扉を大きな斧を使ってこじ開けた。
中に入ると真っ暗なマンションの部屋の廊下に年配の女性が立っている。
カメラのライトを当てると口のまわりは血だらけ。

「まじで!!!なにこれ?」

その年配の女性は、急に走ってきて先頭の消防隊員の首に噛み付いた。
消防隊員の首からすごい流血。
「まじでなんだこれ。マジでヤバイ!寝てる場合じゃない。」

しばらく後、これが「Quarantine」という名前のハリウッドのゾンビホラー映画だということに、やっと気付いた。
深夜4時に寝て、翌日は完全に寝不足。

「出張中も忙しくされていらっしゃって大変ですね。」と社内からの暖かいメール。
貴重な出張中のクセして、こんな状態とは、とてもディスクローズできない。

カテゴリー
未分類

狂人とは

今日の「ありがたいお言葉」。

狂人とは理性を失った人のことではない。狂人とは理性以外のあらゆる物を失った人である。
(G・K・チェスタートン 1874 – 1936)

なるほど。
業界ナンバーワンになっている人でこういう人、多いですね。
このお言葉、ありがたや。

カテゴリー
未分類

病院でだいぶ待たされた一日

時々、片頭痛になる。年に数回ぐらい。病院に行って薬をもらうことにした。

で、病院でだいぶ待たされたよ。
診察は5分ぐらい。先生は笑顔ですごく良い感じの診察をしてくれる。多分、プロフェッショナル。
でも、だいぶ待たされたよ。
1時間ぐらい?同じく1時間ぐらい待っている回りの人からも、不機嫌なオーラが漂ってくる。

ちなみに、6ヶ月前に初診を受けて、次回は、半年後にしましょうといって、今回の予約を取った。
3ヶ月前に、薬を飲みきっちゃったので、「予定を前倒しでお伺いしたいのですが」と電話したら、
「今から新規で予約を取ったら、ちょうど予定している予約のタイミングぐらいですね。」
と言われて、結局、当初の予定通りにやってきた。

にも関わらず、だいぶ待たされたよ。

ちなみに精算でも待たされたよ。
電車とバスで行かなくちゃならないから往復だけですごく時間が掛かる。
平日しか診察をしていない。貴重な平日なのに、一日の多くを費やされてしまう。

僕は、待たされるとしても、せめて、待っている人が残り何人か知りたい。
知りたいのは僕だけじゃないだろう。
たぶん、先生の手元に次の待っている人の名前とかがリストで見えるようになってるんだろうなぁ。
もちろん先生は、自分の休憩のスケジュールとかも予定していて計画しているんだろうなぁ。
でもそれが僕には見れない。

精算の場所でも待たされたのだが、それも同じ。
「どのぐらい精算待ちの人が並んでいるの?」
「窓口において、精算業務以外の業務はどの程度であって、仕掛りはどの程度で、タスクの在庫はどの程度?」
「何人で働いていて何人体制の勤務スケジュール?」
「ちなみに、それぞれの人のスキルはどの程度で、どのぐらいの業務処理能力があるの?」
「今日、急遽休んだ奴は誰?なぜ?」
全部見せて欲しい。

理想は、その場で見えるのがいい。たとえばデジタルサイネージとか。
単純に社内向けのスケジュールや残タスク状況をこちら側にも見せて欲しい。
もしくは、Twitterのつぶやきにだらだら流してもらってもいい。
自分のスマホで近くのつぶやきを探しだして、見てもいい。
全部見えたら、ストレスが、随分、解消するのに。

ちなみに、ガイアックスグループでは、社内用のSNSや社内用のグループウェアを提供している。
「みんなのリクエスト」という機能があり、利用者の皆さんからリクエストが来たらそれを受け止め、
利用者全員が閲覧できるところにアップしている。
リクエスト内容はみんなが見れるようになっていて投票もできる。
企画会議にて、リクエストや投票結果を鑑みて、次のバージョンアップ内容を決めている。

しかしながら、リクエストのアップの頻度はリアルタイムではない。
皆さんからのリクエストを整理整頓してからなので、月単位での更新というスピード。
しかも、その企画会議は公開されていない。議事録も公開されていない。
いつ企画会議を開催しているかも開示していない。
リクエストをもらうと、Redmineというリクエスト管理ソフトを使っている。
それを見ると、昨年は、1年間だけで315個のバージョンアップをした。
怒涛のバージョンアップだ。

いろいろご要望をいただいたお客様のところにお伺いする時は、ケースによって、頂戴したリクエストをRedmineからエクスポートして、一覧にしてプリントアウトして持って行ったり、CSVやPDFで送付したりする。一覧のうち、これは対応済み、これは対応予定、これは対応目処立たず、という感じで。(ちなみに、そのRedmineは、社内の人しか見れない。社外の人は誰も見れない。)

また、グループウェアの使い方について、問い合せを毎日たくさんいただく。
その問い合せは、問合せ窓口の女性でわかればその場で返信する。
もし分からなければ、上司や技術者などに転送する。意外に上司が出張中だったりして。
その時は「社内で確認の上、返答します。」って一旦返答する。
上司が出張から帰ってきたら、例えば2年前に別のお客様から同じ問い合せをいただいていたことを教えてもらったりして、窓口の女性がそれを参考に返信する。
(もちろん、そんな事情はどの問合せの際にも伝えていない。過去の問合せ状況も開示していないし、誰のスケジュールも開示していない・・・。)

「人の振り見て、我が振り直せ。」
いや違うな。こんなゆるいニュアンスじゃない。
「よくもまぁ文句ばっかり言って、自分はどないやねん。」という感じ?
本当、すみません。

という感じの一日。
病院でけっこう待たされてイライラしている人が並んでいる中、最初はまわりと同じくかなりイライラしつつ、だんだんと、イライラした分だけ、「本当、すみません。」と、恐縮しきりだった。