カテゴリー
未分類

東電さんの値上げ

東電さんの値上げって、政府支援機構は知らない話だったんだ。
あまりコンセンサスを取られていない感じなのか。

東京電力:不意打ち値上げ、政府支援機構が怒り(毎日jp)
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20120129k0000e010104000c.html

 「我々を無視しておいて、こんな値上げを許すわけにはいかない」。東京電力が企業向け電気料金平均17%値上げを発表してから1週間後の今月24ni、政府の原子力損害賠償支援機構が入居する東京・虎ノ門のビル。機構側が急きょ呼び出した常務クラスら東電幹部6人を前に、運営委員4人が怒りをぶちまけた。

企業向け料金は、90年代後半からの電力の部分自由化を受け、東電が顧客と個別交渉で決める仕組みとなったが、同じ地域で大規模な発電をできる電力会社はなく「東電の言い値で決まる」(機構幹部)のが実態。政府の有識者会議で料金体系の抜本見直しが進むが、結論は出ていない。

 政府は1兆円規模の公的資本注入で実質国有化し、経営権を掌握して「東電解体」と抜本的な電力自由化を狙う。東電の強硬姿勢は、これを阻み、主導権を維持して経営再建にこぎつけたい東電側の生き残り策でもある。

結論的には、事故があったものの、会社や経営陣にプレッシャーを掛けるのは、大変なのだろうなぁ。

(1)倒産しない限り、債権者は、会社や経営陣にプレッシャーを掛けれない。

一般的に、倒産や債務超過などの緊急事態では、意思決定権が、株主から債権者に移り、債権者が経営陣にプレッシャーを掛けクビにする。(債権者の意思決定で必ずしもクビにする必要はないと思う。)

事故を受けての第一印象は、倒産するのかも&株券も価値がなくなるのかもと思った。が、さすがは東電さん、純資産が厚く、そこまでじゃない様子。今回の事故を経ても、ギリギリ純資産が持ちうる状態ではある。事故前は純資産が3兆円あり、それが今、1兆円まで減っている。損害賠償をどこまで背負うのか知らないが、一定程度、会計上は織り込んでいるのだろうと思う。つまり、債務超過でもないわけで、(一定の支援が必要かもしれないが、)資金繰りも続きうる状態なのだろう。

倒産しない以上、債権者(たとえば金融機関や資金繰りを支援している組織)や資金繰りを支援している政府関係が、その企業や経営陣に対してプレッシャーを掛けることができない。(ちなみに、一般的に、債権者は、メインバンクなどでかなりのボリュームを占め、株主よりも分散されていず、意思決定もスムースである。)

(2)株主は、大株主が居ないので、事実上、経営陣にプレッシャーを掛けれない。

ということは、普通どおり、株主からのプレッシャーを受けるだけだ。
ただし、一般大手企業や東電さんの場合、大株主がいるわけではない。ある意味、大株主が居ない、というのは、株式を独占されていない状態であるということ。
株主側が独占されている方が(=大株主がいるほうが)、経営陣に対するプレッシャーは発生しやすい。20%持っている株主が数社あるとしたら、それらの株主がタッグを組むことも考えられるだろうし、かなりのプレッシャーを掛けうる。ところが、最大でも2~3%で、末端の株主までいれると千人とか、1万人とかに分かれているとなると、意思決定構造がバラバラなので、正直言って、プレッシャーの掛けようがない。全株主が「ちょっとなんだかなぁ」と思ったところで、一体、「誰がどう音頭を取るのだ!」という感じである。

政府も出るに出れず、という感じなのだろう。
まとまりにくいとは思うが、電力を購入している法人/個人顧客にも、賠償されるべき被災者の方にも、債権者や株主、また東電さん自身にも、良い形でまとまって欲しい。

カテゴリー
未分類

火曜日の夜 ドラマ「家族八景」

先週ぐらいから、TBSの深夜帯で「家族八景」というドラマが始まった。
東京だと、毎週火曜日の深夜1時の30分枠。
僕は、ほとんどテレビを見ない人間ではあるが、番宣を見て、すごく興味を持った。
うーん。この忙しい中、「ガイアの夜明け」ならまだしも、「テレビドラマを見る」という時間のムダをしてしまう自分が腹立たしい。

MBS特設サイト http://www.mbs.jp/kazokuhakkei/

人の心の裏側を暴く問題作登場!
文学界の奇才・筒井康隆の傑作小説『家族八景』を映像界の奇才・堤幸彦がドラマ化することになった。
人の心を読むことのできる超能力者〈テレパス〉・火田七瀬(ひたななせ)が、 家政婦の仕事で入った家庭の、 口に出せない秘め事を次々と暴いていく、SFホームドラマ。

このドラマのスタッフの紹介。

・監督:堤幸彦
まぁ堤監督です。映画「トリック」などで有名な監督。 好きでもなく嫌いでもなく。

・原作:筒井康隆
中学生ぐらいに、よく読んでた。中学生ながら、星新一な素直なものより、筒井康隆のありすぎるひねりが好き。これで性格が変になったかも。

・音楽:野崎良太(Jazztronik)
日本の音楽の中では、DAISHI DANCEや、jazzin’park、note nativeやSTUDIO APARTMENTなどと並んで大好き!特に、I LIKE ITという曲は、個人的に常にヘビロテ。
http://www.youtube.com/results?search_query=i+like+it+Jazztronik

・脚本:佐藤二朗、池田鉄洋、前田司郎、江本純子、上田誠
演劇でご活躍の人ばかり。
特に、個人的には、池田鉄洋さん、「劇団猫のホテル」「表現・さわやか」の人が好き。
妻とよくデートで行く小劇場の演劇がまさにこれ。って誰も知らないだろうなぁ。
あと、上田誠さん、同じ同志社出身の劇団の人。
映画化されている「サマータイムマシン・ブルース」は、最高傑作!ぜひこの映画は見てもらいたい。
これらの個人的に大好きなスタッフ陣の時点でかなり興味を惹かれたが、一番びっくりしたのが主役キャスト。

・主役:木南晴夏
数年ぶりに名前を見た。
数年前、歌手のUAが好きで、僕は大人なのにも関わらず、NHKの子供向け番組の「ドレミのテレビ」を見てたりしてて。
(「大きなお友達」状態。。ちょっと恥ずかしい。さらに、大学時代は、ポンキッキーズも見てたよ!)
この番組でUAが歌っている後ろで、よく踊っていた女の子がこの木南さん。
http://www.youtube.com/results?search_query=ドレミミズンド
歌の後半に出てくる。ダンスというか、祈祷?単に後ろで、ジャージ姿で踊っているだけなのに、あまりにかわいいので、当時、名前を調べた気がする。(ジャージフェチ?)
そして、その名前が頭の片隅に残っていた。
で、久しぶりにこの「ドラマ家族八景」の主役で、この名前を見て、思い出した。
どうやら、ご活躍の様子で。 (もっとも、ジャージ姿で、祈祷な踊りをしている方が、個人的には断然好き。)

で、僕的には、このドラマ、見るしか無いな。と。 で、ドラマを見るという時間のムダが、すごく腹立たしい。
このブログを見て、共感してくれる人はほとんどいないと思うが、一人でも多く、一緒に無駄な時間を過ごしてくれたらうれしい。

その日は、同じテレビを見ている人とつぶやき合えるサービス、TVCheckでもログインしようかな。
http://itunes.apple.com/jp/app/id459397638
(頓智ドットさんのコレミタっていうよく似たサービスでもいいけれど、ぜひTVCheckで!)

カテゴリー
未分類

米国内ネットサービスのアワード、Crunchies Awardのクラウド部門

2011年のCrunchies Awardの投票が1月末までやっている様子。
http://crunchies2011.techcrunch.com/vote/

個人的に、特に興味あるジャンルは、Cloud Service。

● Asana
Facebookの初期メンバーのDustin Moskovitzが立ち上げたタスク管理のサービス。

法人やグループ向けのタスク管理機能として秀逸。ついては、RTMとはちょっとターゲットが違うと思う。

良い点は、バックグラウンド処理がよく出来ていて、ウェブアプリながら反応が異常に速く、使い勝手が良い。
また、Gmailのように、ショートカットキーを使いまくって、操作できる。
最近のアプリは、このレベルが当たり前なのか、と思うと、アプリ作るのもちょっと大変だなぁと思う。

● Box
● Dropbox
かの有名なクラウドストレージサービスの2つ。
Box.netは、今年50GBの大盤振る舞いを行ったので、僕の回りでもアカウントを取りまくっている人が多かった。
けっこう古いサービスなので、古くからのユーザーも多い。
昔は、WebDAVに対応していたが、その公式サポートも終了され、また、今時のデスクトップ用の自動シンク機能のクライアントアプリが存在しないので、今となっては使い勝手が悪いと思う。

デスクトップ用の自動シンク機能のクライアントアプリのあるストレージサービスだと、Dropbox、SugarSync、Zumodriveの3つがメジャーだと思うが、個人的には、Dropboxより、SugarSyncより、断然、ZumoDriveが好きだった。
なぜなら、唯一、設計思想が、サーバーサイドが中心な作りで、クライアントサイドには、ファイルを残さない、という使用方法ができたから。
具体的には、こういう感じ。

・ファイルの書き込み
デスクトップにファイルを置く。→即座にサーバーにアップロードし、そしてそのクライアントPCからそのファイルが無くなり、シンボルだけ残る。

・ファイルの読み込み
デスクトップやフォルダ内にあるシンボルをクリックする。→即座にサーバーからダウンロードし、そして、そのファイルを開くことができる。

これだと、ほぼシンクライアントな状態なので、ノートパソコンでも安心して紛失できるし、HDD容量をほとんど使わないのでその点も合理的。

しかしながら、Motorolaに買収され、そして、そのMotorolaがGoogleに買収され、Zumodriveは、不具合がバグがあっても、そのままな状態になってしまい。
とてもじゃないが、安心してファイルを預けれるサービス状態ではなくなってしまった。

Dropboxは、基本、ファイルごとにベースとなるクライアントPCがあり、設計思想が、サーバーではなくクライアントPCが中心なので、容量を食わざるを得ない。
しかしながら、他の良いサービスは、本当に無いので、まぁ今なら、普通に無難に、Dropboxなんだろうと思う。残念。

すでに世の中では自動シンク機能のあるストレージサービスは、勝負は決しているイメージがあるが、個人的には満足できない。
特に法人向けのファイル共有サービスは早くどこかが出して欲しい。

要件としては、

(1)サーバー中心の設計仕様。ファイルをPCに残さない。
今時、Gmailを皆さん使っていて、常にオンライン状態で、クライアントPCが何もなくても違和感なく、逆にファイルがあることで、データ紛失が怖い。

(2)ユーザーが管理ができる。
Dropboxをはじめ、どの会社もユーザーの管理ができない。基本、個人でアカウントを作ってその個人アカウントを共有するスタイル。
これだと怖くて会社としては導入できない。
個人向けのGmailではなく、AppsのGmailがあるように、法人向けのサービス体系を用意してもらいたい。(うん、okta?)

の2つは最低欲しいと思う。

● Okta
我社もそうだが、いろいろなクラウドサービスを使いすぎていて、アカウント管理が煩雑になっている。
たとえば、SugarCRM、Google Apps、Box.netとか、その他にも、普通にSalesforceとか、ActiveDirectoryとか。

1000を超えるサービスのシングルサインオン対応をしているのかな。
http://www.okta.com/resources/feature-gallery.html

まぁこういうサービス欲しい、と思う気持ちもすごくわかる。
またベンチャー企業として、こういう斬り込みをしていくという経営戦略もニヤリという感じで分かる。

シリコンバレーは面白いな。

● CloudFlare
無料もしくは月額定額$20でのCDNサービス。
それほど大規模ではないポータルサイトやブログなどに導入できる。

いろいろな利用者のブログなど見ていると、300円程度のレンサバに、無料のCloudFlareをつけながら凌ぐ、とかってありそう。
お世話になるぐらいのブログになりたいものだ。

● Twilio
SNSなどを運用している会社が、SkypeやLINEみたいなサービスを簡単に自社で運営できるサービス。
当社もLISTERというクラウドアドレス帳管理サービスをやっているが、このLISTERにIP電話機能をつけて、とかも簡単なんだろうなぁと思う。

初期費用とか定額コストとか一切掛からない。

アメリカでの電話番号を取得するのに付き、月1ドル
かかってくる電話は、1分1セント
外にかける電話は、1分1セント
クライアント同士のIP電話は、1分1/4セント
テキストメッセージのやり取りは、1件1セント

オフィシャルHP曰く、3行のソースを入れるだけで済むらしい。こういった音声サービスの開発は重そうなので、変に開発するぐらいならこれを導入したほうが早いだろう。

あと、当社では、社内SNSやグループウェアなどのサービスをやっているが、そちらの方では、IP電話もいいのだが、どちらかというと、GmailやFacebookのリアルタイムチャット機能が欲しい。簡単にサービスにインストールできるような形で誰か作ってくれないかな。

Googleなどの大手企業の提供するウェブサービスのレベルがどんどんアップしていく世の中だが、同時に、ベンチャー企業もこういう形で、低リスクで同様のリソースを手に入れる世の中でもあるのだろうと思う。

カテゴリー
未分類

電車内の手袋の落し物

りんかい線という、通勤ラッシュが、全く発生しない電車に乗って、通勤している。一度、あまりにも空いていて、で、帰宅時にあまりにくつろぎすぎて、イーモバイルのPocket Wifiをポケットから、車内に落としてしまい、深夜に、りんかい線の忘れ物センターに取りに行ったことがある。

 

で、今朝の話であるが、

大崎に到着した際に5~10人が降り始め、僕も降りようと思って席を立つと、電車内の目の前に、手袋が落ちていた。まぁ外は寒いし、車内は温かいので、忘れるのも無理は無い。すかさず、拾って、すぐ目の前のOL風の女性に、手袋を見せつつ「忘れ物では?」と声を掛けた。彼女は、いきなり声を掛けられびっくりされていたが、結論的には、彼女のではない、と。

ということは、きっと、その女性の前の女性のものか、その前の前の女性のものか、そのあたりだろう、と思いつつ。

どうしろと言うのだろう。

多くの人に聞こえるように、「これお忘れになった方いませんか?」と声を張り上げるべきか?

 

そっと拾った手袋を車内に戻しておいた。この電車は、りんかい線と言えど、埼京線接続便で、埼玉の大宮まで行ってしまう。

悲しい。人と人がつながれば、こんなことは発生しないのに。

 

大きな声で独り言のように、「あれ?この手袋、誰か忘れてる!」って言えばいいのだが。やっぱり他人の中に居る、という事が、その声を出せない雰囲気にして僕を囲んでいるのだと思う。

そういえば、過去、電車の中で、そうそう他人と話したことがない。なぜ、ここまで人に囲まれているのに、話すことが無いのだろうか。なぜ誰もが誰もと話をすることがありえないのだろうか。ちなみにタクシーに乗った際には、半分ぐらいの確率で運転手さんと会話をしている。まぁ「僕がお客様だし」という立場を感じて、あまりプレッシャーを感じず話し掛けることができるのだ。

携帯型ゲーム機のCMで、通勤電車の中で、いつも同じ電車に乗っている他人同士で麻雀ゲームか何かをしているシーンがあったが、あのような雰囲気がいいなぁ。

隣に座った人に、「今日は誕生日なのですね、おめでとうございます」と、声を掛けたい。

カテゴリー
未分類

スターフライヤーかなりいい

最近、スターフライヤーに乗る機会が多い。これまで北九州へ行く機会はそれほどなかったので乗る機会がなかったが、先日、羽田-福岡便が、開始されたからだ。

そもそも、個人的に、LCCが大好きで、15年前ぐらいにもスカイマークエアラインズが営業を開始した際にも、うれしくて、数日以内に搭乗した覚えがある。その最初に搭乗した際に、座席の冊子に、飛行機を飛ばそうと考えてから実際に営業開始に至るまでのストーリーを掲載されていて、そのストーリーを読みながら、最初の思いを大切にして、きっといろいろな苦労やハードルを乗り越えてこられたことを想像して、感動した覚えがある。というか泣いた。「日本の空を安くする」ために、人が集まり、時間を投下し、リスクを背負い、そして、実現された。

ベンチャーとは、世の中を変えようと思って実際にがんばっているところこそが、もっとも重要、つまりもっとも「重く」て、もっとも「カナメ」なのだろうと思う。ベンチャーを構成するチーム全体に、まだ社会に無いことをやり遂げるぞという、エネルギーが満ち溢れる状態で。そのエネルギーは無限に発生していて、そのエネルギー次第で事を成すのだろうと思う。女子高生以上にキュゥべえに食べられるべき対象かと。

で、スターフライヤーのいいところ。

・サービスが良い

最近、ANAなども取りやめているドリンクが標準でついている。ちなみにコーヒーはタリーズコーヒーでチョコ付き。夜便では、最近流行りのノンアルコールシャンパンも。しかも朝一便にはサンドイッチ付き。「ドリンク、サンドイッチのお代わり要りませんか?」というアナウンスまであった。

・席が充実している

一定程度、広い。(というか、国内便だと、スカイマークが狭いだけだが。)どの機体に乗っても、コンセントがあり、電源の充電ができ、時々、USBまである。全機、ディスプレイがついていて、オーディオプログラムやビデオプログラムまで用意されている。

・株主優待券がある

スターフライヤーは、株主優待券が流通している。(先日、上場したが、優待券は上場前から流通している。)

ちょっと前までANA便やJAL便の株主優待券はフル活用していた。理由としては、安い、ということに加えて、決済が当日だったので、事実上、無料でのキャンセルや変更が可能だったからだ。最近は、普通の予約と同様に、予約後3日以内の決済となった。ついては、キャンセルをすると、手数料、と言っても数百円だが、が掛かってしまう。且つ、ANAの株主優待券は、1万円前後の流通価格。羽田<>沖縄の往復でも半額になるのでまぁ妥当な価格だが。

それに対して、スターフライヤーの株主優待券の流通価格は、4,000円程度。且つ、決済期限が、出発の当日まで。つまり事実上、無料でキャンセルや変更が可能。株主優待券で定価の32,000円の半額の16,000円に、優待券代4,000円を足しこんでも20,000円。スカイマークの当日の定価が20,000円程度なので、ほぼ変わらない。スカイマークが満席になるリスクを想定すると、会社で株主優待券を多めに在庫して、キャンセラブルなチケットを事前に予約するのは悪く無いと思う。(といっても、いつ、キャンセル手数料が発生するシステムに変更するか分からないが。)

・往復の場合、帰り分を、2ヶ月前より前に、同時に買える

スカイマークだと、2ヶ月前にしかチケットを購入できないので、往路は買えても、復路が買えなかったりするが、スターフライヤーだと、2ヶ月前に往路が買えるタイミングで、復路も購入可能。プライベートだとけっこう大切。

・全体的に落ち着く

登場直後の「安全のアナウンス」のビデオが、フライヤーニンジャ。こんなにクオリティの高いのは見たこと無い。

また、もっとも感動したのが、「スターフライヤーと提携した機内でしか見れないプログラム」。

ちなみに、オーディオプログラムの方が、FPMのニューアルバムの紹介。さらに、ビデオプログラムの方が、サカナクションのインタビュー付きのPV特集の番組。サカナクションの「バッハの旋律を夜に聴いたせいです。」のPVが、機内で流れるとは。機内で集中して仕事をしようと思ったが、ビデオを見るのに集中して仕事が全くできなかった。こんな機体数の少ないLCCで、なぜにわざわざ独自プログラムを作って、且つ、こんなにクオリティが高いのか。個人的には大満足ながら、さすがに過剰投資では?ぱっと機内を見た感じ、サカナクションを見ている人は見当たらなかったし。

乗り降り&上昇降下中の際の音楽もかなり来ている。先日は、DAISHI DANCEだった。普通、このタイミングが、iPhoneの自分の音楽も聴けないし、音楽プログラムも動いていないし、一番、ストレスを感じるタイミングだが、おかげで大満足。

ちなみに、スターフライヤーが出しているコンピレーションアルバムも悪くない。選曲もいいが、ジャケットもいい。引き続き、なぜCDを出しているのかが謎だが。どこに金を掛けているのかと思う。

 

そんな感じで素晴らしく良いエアラインなので、ぜひどうぞ。

 

ところで、この前、スターフライヤーで、前の席の人が自分のリクライニングシートを後ろに完全に倒してきて、狭い思いをした悲しいお話を。

乗機した際に、すでに前の席の人が座っていて、且つ、自分のシートを完全に後ろに倒していた。出発直前に戻し、上昇が終わると、即座にまた完全に倒してきた。なかなかの強者である。ちなみに40歳過ぎの帽子をかぶったおじさんだが。倒されたからと言って、僕も、と、自分の席を後ろに倒すほど度胸がない。結局、PCを開くスペースもなく、本を読みながら過ごしていたが、ともかく、すごく腹立たしい。

何が腹立たしいって、このリクライニングの機能について。

飛行機に載っている人、おそらく全員が、リクライニングをしたいと思っているに違いない。しかし、「遠慮」という空気に流されて、誰も倒していない。特に国内線は。時々、その空気を破れる強者だけが、広い思いをしている。一人だけリクライニングすると迷惑だが、自分も前も後ろの人もリクライニングすれば誰も困らない。そのハッピーな解を実現化できない、この非効率さに、ただただ腹立たしい。個人的には、非効率なものを見ると、許せない気持ちになる。非効率が、世の中で一番、腹立たしい。

本来は、全員が、たとえば、ちょうど半分ぐらいをリクライニングさせるべきではないか。僕は強烈に、当日の飛行機に載っているお客さん全員と脳がつながって、そうしようと伝えたかった。テレパシーを送りたかった。くぅーっ、と思ったが、さすがに送れなかった。本来は、そういうものだという常識を作りたい。ちなみに我社では、社内の研修にバスを貸しきって移動する際に、「全員、少しずつ倒しましょう!」と言って、全員で倒したことがある。なぜ他人同士だとこれが出来ないのであろうか。こういう事象はいくらでもある。つながっていないからこその不自由さ!!他人にコミュニケーションを自由にできないのが、本当に腹立たしい。

 

ちなみに、ちょっとしたTIPSであるが、当日、飛行機に乗る際に、満席だったらどうしようもないが、そこまでではない場合、わざとギリギリの時間に、機械を使った自動チェックインで、座席の変更を行い、自分の前や後ろが空いている席を選択する。そうすることで、上記のような悲しい思いにもならないし、もしくは、後ろを気にせずリクライニングすることができる。もちろん、国内線、国際線問わず、空いている席に移動するのは、普通、自由なので、事前にそこまでしなくてもいいんだが。